3月も終わり




 左は志茂田景樹先生。中はテレンスりー氏。右はキャンディさんとちば先生。
さて、明日から4月だあ。昨日から何とか平常の生活に戻ってます。当分は仕事のみ。
スポンサーサイト

報告その2



 写真左は、10社によるTシャツ、実に、どれから着ようか迷いますなあ。右は、山本タカト氏によるわしの顔。ネクタイにもデザインされました。妖怪の生首のようで良いです。

 パーティは父親も喜んでくれ、わしもまだ余韻が残ってます。あとは写真ができるのを待ってお礼ハガキを作るだけ。
では、今日から平常の生活に戻ります。

パーティ報告




 写真、左は熱唱中の白山先生。中はマイミクのデンカ(軍歌会の雄叫会メンバー)、右はピンボケだけど、海軍大尉と白山先生。大尉は今回の最年長で89歳。白山先生は85歳。

 今回いらして下さった方、私を除き、受付の睦月堂スタッフや司会の談之助師匠まで全て入れて、総勢157人。男性74人、女性83人でした。どうも有難うございました。

著書300冊突破記念パーティ




 いやあ、お越し頂いた皆様。昨夜は有難うございました。本当にお疲れ様です。お陰様で忘れられない日となりました。
 150人以上なので、本当に久々に会った方もいたのに、個々と長くお話しできなくて残念。実に贅沢な2時間でした。

 司会は、100冊、200冊のパーティでもお願いした立川談之助師匠。祝辞は、ぐらんぴさん、乾杯はレオさん、そして志茂田景樹先生にちばてつや先生、テレンスりーさんのお言葉。白山雅一先生の歌謡声帯模写、さくらさんの踊り。談之助師匠による懐かしヒーロー早変わり。開田裕治あや夫妻から素晴らしいガラモンの絵を頂き、そして各出版社による文庫表紙のTシャツが10社分作られ、お越しになれなかった山本タカト氏からも、わしの似顔入りネクタイを贈られる。

 来賓は、作家、イラストレーター、出版社、同窓生、軍歌会、KFC、ミクシイなど。遠くからは広島、岡山、岐阜、名古屋からもお越し頂いた。取材は徳間書店と日本漫画家協会。
2次会はバー。裏亭さんも到着。とにかく少しでも多くの人と話したかったけど、行き届かず失礼が多々あったと思いますがどうかご容赦を。

 写真が出来次第、後日お礼の絵葉書をお送りします。
写真左は、ちばてつや先生。中はキャンディミルキイさん、右は師匠の月光仮面。
無事に終えてほっとしました。では、今夜は少しノンビリします。
お越し頂いた方、また来られなかった方も本当に有難うございました。

今日も頑張ろう

 さて良い目覚め。
昼食を終えて2時には家を出るので、1時までは熱烈に仕事しよう。
これから朝風呂。少々緊張。今夜はお泊まり。睦月堂は今日明日は臨時休業となります。

恵まれているなあ

 知り合いの数というのを考えていた。友人知人顔見知り、すれ違って互いの素性を知って挨拶をする程度の人まで合わせて何人かなあと。

 幼稚園の卒園までに、親兄弟に親戚に近所の人に園児の友人や先生で30人ぐらいかな。小学校6年間で3回クラス替えがあったから、まあ少なめにして120人。ここまでで合わせて150人。

 中学では、だいぶ小学校と友人のだぶりがあるから、教師や先輩後輩、塾や習い事の知り合いまで合わせて少なめに50人。
高校で100人ぐらいかな。ここまでで300人。
 
 そしてバイトや仕事先、作家仲間やイラストレータ、編集、ミクシイなど200人。全部合わせて500人ぐらいかなあ。
 もちろん小学生時代など、もう会っても分からない人がいるから、今現在分かる人は300人ぐらいだろうか。

 そのうちの半分以上、明日のパーティには164人が出席の連絡をくれた。もちろん来られない方々からも丁寧なメールやハガキやお祝いを頂いた。
実に、恵まれているなあと思いつつ、今夜は寝ますね。
 では、明日お目にかかれる方よろしく。

いろいろ

 いやあ、トクダネ!の恭子ちゃんの引退を見ていました。
そうやって、みんな結婚したり妊娠したりすりゃあいいさ! 

 さて、これから外出、本屋と銀行。午後は実家隣接地の購入のためローン会社の人が来る。このうえローン増やすのは負担だが仕様がない。

 昨夜は変態DVDを2本買った。レズ唾液ものなど。
今夜は飲み会もなく、ひたすら仕事のみ。
 あとは明日のイベントに備えて早寝しよう。

いよいよ明後日

 少し緊張してます。何しろ落ち着かない。
前に告知した通り、お時間あるマイミクさんは遊びにきて下さいね。

 知人からメール。友人を連れてっていいかと。
もう! 男の知り合いはもう作らないって言ってるじゃねえか、と思いながらその名を検索すると女性だった。「はいどうぞ」と快く返信。まったく男女の紛らわしい名前が多い。ネットに顔写真が載ってて良かった。

 ワイドショーは、わしがこの世で一番嫌いなビールかけと離婚報道ばっかり。基本的にわしは時事問題は書かないけど、少しだけ。どんな形の離婚にしろ悪いのは男に決まってる。
 一度抱けりゃ死んでもいいって男が多くいたんだから、生きてテレビに出られりゃ恩の字でしょう。わしは彼女には一度もお世話になってないけど。

 さて、今日も仕事のみ。徳間文庫は、最初は明日完成予定だったが無理、一週間延ばしてもらう。3月も残り少ないぞ。

雨だ

 雨なので、ほんの1駅だけど江ノ電で往復。
1分間だけだけど窓からいろんな風景を見た。あのマンションの工事反対の人たちも雨で解散してるなあとか、あのオカマの管理人は今日も通路を掃除してるなあとか、あのビルの二階が空き家になったかとか、僅かの間に馴染みの町を眺めた。
 そこで一首。街々の灯りが走る窓の外あっちの幸せこっちの幸せ

 で、税務署に行ってローンを組むための納税証明書など取って、本屋と銀行に寄って帰宅。今夜も飲み会はないので、ひたすら寝るまで仕事。

とうとう壊れた


 少し椅子が傾いでいるのが分かるかなあ。
23年間、わしの体重を支えてきた椅子。とうとう崩壊寸前にねじ曲がった。もっとも23年前は70キロ台だったけれど。
とにかく替えなければなあ。クッションは、あやさんが引っ越し祝いにくれたものなので、椅子が替わってもクッションは使い続けます。

曇天

 今朝の夢。木製のT字型の道具を作った。これは本棚に並んでいる本の背表紙に押し付け、凸凹を揃えるための道具。大発明だと思った。
もう一本、K子さんから大量の死体写真と内臓の模型が送られてくる。見ているうち本物になってタイヘンなことになった。

 今日から当分飲み会もなく仕事のみ。
今日はこれから美人母娘がお掃除に来てくれる。昼食は二人が作ったお弁当。それを楽しみに、ひたすら仕事しよう。
 その前に回覧板と市の会報などを町内に配る。当番も今月いっぱいなので、これが最後の仕事か。あとは引き継ぎだけ。

カラオケ2


 行ってきました。5社のメーカーが全てあるカラオケボックス。
コスプレも出来るので、多くのセーラー服やチャイナドレスもありました。
写真は、わしと美女2人の3人で歌った曲。1時間半なのでこれだけ。
どれがわしの曲か一目瞭然。「航空百日祭」は長い歌が8番まで。「ナショナルキッド」があったのは嬉しい。
「月光仮面」は三船版の静かな方、月の光を背に受けて、の曲ね。
「キュルルンキュルルン恋かしら」は、コロコロポロンの挿入歌で1番しかない短い曲。「青雲高校応援歌」は星飛雄馬の高校ね。
 店はまあまあでした。

カラオケ




 写真は、昨日の墓参の続き。右は中学を卒業した姪っ子と。

さて、今日はこれから月一回の市民病院、呼吸器科の美人女医。
帰りに市役所で、面倒だがローンに関する書類集め。昼間は熱烈に仕事のみ。
夜はカラオケ。5つのカラオケメーカーが全て入っているというカラオケ、どんなもんか偵察。

お祝いの品



 写真左は、父と弟からの、著書300冊突破のお祝い。アクリルガッシュ24色と、充電式の電子タバコ。あ、禁煙等の話題はナシにしてね。
右は、マイミクさんから送られたインスタントラーメンいろいろ。
どれも嬉しい。

墓参




 左、静かな墓地、中、強風の立石、右、弟一家の犬、カイ。

さて、では午後の仕事に入りまあす。

早起きしてます

 6時半に起きて朝食を終え、これから仕事。まずは週刊大衆。
9時半には弟が車で迎えに来て、横須賀の秋谷まで墓参り。それまでに大衆を終えておきたい。

 昨夜は大洋文庫のゲラチェックをしていた。これは以前のグリーンドア文庫の復刊。8年か9年ぐらい前の作品だろうか。
 読み返すと、我ながらよく出来てる。エロ一筋で気持ちが良い。
 今のように、時代ものやSFやホラーやギャグや有名人の登場に頼らず、とにかくひたむきにエロを描き、全くカッコつけてない、抜くためだけのもの。

 また、こうした姿勢に戻った方がいいのかもしれないなあ。エロ作家で生きてきたのだから、あれも出来るぞこれも出来るぞなんて気取った内容は良くないのだろうなあ。
 エロ作家はエロでのみ勝負すべきだと、あらためて思った次第。

この3日間

 木曜の居合に、女流作家で占い師の菅野温子さんが一日入門で来る。ヨガやってるとかで、床にベターって手足がついたので柔らかさにびっくり。大勢の飲み会も楽しうございました。祭日前夜なので、いれーぬが超満員状態。

 金曜、三浦海岸に行って恩師の陶芸展を見てから三崎高校へ。これもすごい人の波。でも教室の同窓会コーナーは静か。OBではないが、来客にケンペファンがいて一緒に写真を撮る。
 夜は恩師や同窓会会長や元校長や同窓生たちで宴会。本当に教師と生徒が仲の良い学校だったなあ。まあ一部には違いなかったけれど。

 今日は寝るまでひたすら仕事のみ。徳間の明治官能、19歳の谷崎潤一郎や6歳の田河水泡も出る。このシリーズは、ひたすら好きな人を出す。では今日も熱烈に。

母校を堪能




 やっぱり校舎はいいなあ。体育館でのロックコンサートはどうでもよいが、何しろそれ目当ての客で大混雑。とにかく校舎で、応援団の大団旗に一礼して教室に入る。
写真は、わしのコーナーと当時からお世話になった男子トイレ。
 二次会は恩師や同窓生たちと飲み会。三崎の寿司寿司! 

ロックの学園


 雨だあ。でもこれから母校へ。
写真は、教室に展示される、わしのコーナーに飾る色紙。睦月の月の字のハンコが逆さまだあ。。。げっそり
校舎に入るのも、これで最後かなあ。夜は恩師たちと飲み会。
会える方よろしくね。
http://www.rocknogakuen.jp/about/

今日もしっかりと眠い

 やることが山積みだが何も片付かない。実家の隣の土地の購入に関するローン用書類の数々だの、春の墓参だの明日の同窓会だの、そして何より300冊パーティが終わらないと落ち着かない。

 せめて仕事が進んでれば良いが遅れている。
今朝は夢で、駅前の広いバスターミナルで布団を畳んで着替えていた。パンツをはこうとしたが、なかなか足が通らずによろけまくるという最悪の夢。

 さて、今日は楽しい居合。外出時まで頑張って仕事しよう。

何もかも

 朝食、洗顔、トイレ、洗濯、メールチェックにミクシイ、何もかも全てやったら、あとは仕事するだけなのに、また寝る。何やら旅館の朝、チェックアウト前に、またゴロリとなるような心地よさ。
 四六時中眠いのは、春だからか。みんなそうなのかなあ。
とにかく夜の飲み会を楽しみに、今日も熱烈に仕事! 

シスターだけど仏教


 新刊、本年8冊目。

「聖女の淫夢」(竹書房ラブロマン文庫)
SFホラー悪夢官能。内容はユングに仏教地獄に乱歩。図版も入れました。ちゃんとプロがもっときれいに描いてくれました。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1058205895&owner_id=40347

 表紙はタカトさんのシスターだけど、内容は仏教世界なので、難しい活字が山ほど、担当さんには苦労かけました。
例えば、アタタ地獄のアは、安偏に頁、タは口偏に折る。
カカバ地獄のカは、月偏に雨に進むのシンニョウのないやつ。バは婆。

 でも、この文庫も、先日紹介した徳間文庫「指かみながら」ともども、300冊パーティのお土産に配りますので、来られる方は買わないでね。

あったら良いなと思うカラオケ曲

 昨夜はホテル2軒のレストランやバーで夜景三昧。
そしてシャルマンでカラオケ。なんと、必殺仕置人の「やがて愛の日が」が入っていて、懐かしく歌った。残念ながら映像はアメリカの荒野を走るバイクだったが。

 藤沢に、5社のカラオケメーカーの曲が全てあるというカラオケボックスができた。どこかで歌ったものは、必ずそこにあるというのは嬉しいが、まだ行ってない。
でも、昔はあったけど今はないという曲もある
鶴太郎の「胃液吐くまで」はまた歌いたいなあ。
懐かしのテレビ番組「風雲黒潮丸」なんかも、モニタがない頃8トラで歌ったような記憶があるが、今はどこにもない。

 あったら良いなと思う曲は、もちろん軍歌や戦時歌謡。贅沢は言わない。せめて百曲入れてくれ。
あと昭和のテレビ主題歌全てや、野坂昭如の一連のシリーズや、東京ぼん太なんかもあるといいなあ。

早春、早春、早春の光を浴びて

 ってのは小学校の卒業式で言ったセリフ。
今日も暖かいね。でも外は工事中でうるさいぞお。

昨日のアタック25は、先週に続いて女性大会だぞお。男2女2で戦わないとつまんないぞ。女性が男を負かすところが見たいだけなのだ。

 今日は夕方上京、300冊パーティの最終確認で会場へ行く。それから飲み会。それを楽しみに、今日もひたすら徳間文庫。

春眠

 それにしても眠いね。
昨夜は、背広とワイシャツとネクタイを買って、忍ちゃん夫婦が300冊の祝いで焼き肉を奢ってくれた。肉しこたまアルコールごっちゃま。そして腹いっぱいで飲みに行って大尉と軍歌三昧。
 
 それにしてもわしは買い物が早い。あれこれ迷うのが大嫌いで、団子も背広も5分で決めて買う。車買うときも、テレビでホンダシティが映ったので、これでいいやと決め、他の車は見向きもしなかったなあ。免許取りたてで水色のシティに半年乗って、酔うと運転したくなるので止め、以来20年運転してないから完全なペーパー。

 さて今日は週刊大衆の連載をやってから、徳間文庫の1章を終えよう。

霧の絶え間を見渡せば

 すごい風雨でしたなあ。全ての窓のシャッターを閉めて籠城してました。でも、もう風も治まり、やがて雨も上がるでしょう。

 徳間文庫も開始、明治38年の6月だから、日本海海戦の翌月。だから今日の日記タイトルは「日本海海戦」の歌より。
本当なら、野口男三郎事件を取り上げたいのだけど、まず無理。らい病患者に人肉スープときたら、もうNGでしょうなあ。興味ある事件なのに残念。せめて1章のタイトルに、「ああ世は夢かまぼろしか」を引用。

 さて、今夕はうちの従業員の忍ちゃんと買い物。わしのパーティで着る背広を選んでもらう。どうにもわしは服装のセンスがなくて、まあ色盲で色があまり分からないというのもあるけれど、背広の色に合うネクタイの柄とか、上下の色の組み合わせなんかが多分一生わからないから、服の買い物は誰かが一緒でないと無理。
 では夕方の外出を楽しみに、今日もひたすら仕事! 

これから風呂

 幼い頃から、なるべく外に出たくなかったなあ。
天気の良い日に、たまに外に出ると、見る風景が全部心地よくて、ホームドラマの中に入ったような気持ちになるのだけど、同じ風景でも、受験や出勤や剣道の昇段審査などでの外出は、やけによそよそしく見えて、急いで家に帰って布団に潜り込みたくなった。

 21歳、看板屋に勤めている頃は、昼食は自宅に戻っていた。まだ布団には温もりが残っていて、午後の仕事に行くのが嫌で嫌で、なまじ昼食で帰宅しない方が良いのだなあと思った。
 レコード工場に勤めているときも嫌で嫌で、雨の日は休んじゃったなあ。勤め人としては最低でした。
 行くのが嫌じゃなかったのはKFCだけか。江ノ島店に3年、麹町店に2年、ずる休みはしなかった。でも官能作家が30年と、いちばん長く続いたのは、やはり合っていたんだなあ。

 さて、これから風呂。そして今日から徳間文庫開始。今月は、これ1冊仕上げたら終わり。でも、まだ何も考えてない。主人公の仕事を何にするか、明治時代の何か良い職業を考える。
 夜は藤沢で学研の打ち上げ。それを楽しみに今日も熱烈に! 

空へ抱き上げて燃える口づけしよお~

 今日で、ファーストキス記念日、30周年になりましたあ。
毎年言ってるけど、昭和54年の今日、小雨そぼ降る四谷三栄町、彼女の家の前でした。お前が18俺23。も一度~逢いたい~~~。

 さて、昨日は講談社文庫をやっと仕上げて、今夕までに竹文庫アンソロ50枚。昨日10枚書いたので、あと40枚。何とか出来るだろう。
 夜は、明日から開始する徳間文庫の構想を練ろう。

いよいよ

 苦労した講談社文庫もお昼までに終わる。あと13、4枚ぐらいか。
もちろんノンビリする暇はない。明夕までに竹アンソロ50枚を仕上げねば。

 今朝は、6時に起きたがまた寝て、いろんな夢を見ていた。
窓を閉め切っているのに、ベッド脇から巨大な蛾が入ってきて慌てる。窓を開けて逃がそうとすると、今度は変わった蜘蛛が入ってきた。それを窓から落とすと、今度は大きなカブトムシ。これはヘラクレスか、売れば何万かになるかな、まあいいや、と逃がす。
 さて、あの蛾はどこへ行ったか。あるいは夢だったか、と夢の中で思っていた。
 いつしかデパート内を歩いていた。すると雌のカブトムシが鳴いていた。あ、さっきの彼の奥さんか、と思った。
自宅に戻って風呂に浸かったら、靴下とTシャツを着たままだった。

 さて、では今日も熱烈に仕事開始。ひたすら夜の飲み会を楽しみに!

珍しく剣の達人が



 新刊です。本年6、7冊目。

「紫の一刻(とき)」(学研M文庫)
玉泉堂みだら暦シリーズの3。ご存じ女ばかりの池野道場に居候した青年、見かけは頼りないが実は剣の達人。玉泉とともに悪をやっつけながら、女体修行を続ける。おなじみ泉の総入れ歯テク。

「ももいろ奥義」(祥伝社文庫)
山から出てきた純情無垢な大男、実は三浦誠衛流居合の達人。
私が作った三浦誠衛流だが、これを読むと江戸中期からあったようです。門弟にはおなじみの技が満載。
これは明後日ぐらいの発売かな。

 どちらも私の作品には珍しく、剣の達人たちが主人公です。
プロフィール

かげろう102

Author:かげろう102
官能作家、睦月影郎のブログ2です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR