五十路半ばの秋が逝き~

 セピア色した雨が降る~~ムード

さて9月も終わりですなあ。
雨の中買い物、本屋と銀行と煙草屋とデパ地下。12カートンほど買う。両手一杯に大荷物なのに、傘の骨が袖に入ってなかなか開かずズボンはズリ落ちる。角を曲がれば一番邪魔な所にオバサン二人が立ち話している。

 ビラやティッシュ配りがうざい。企業を背負ってスーツで配っている女性なら良いが、遊び人風のバカが美女ばかり狙って立ちふさがるのは殺したくなる。十代に勉強を怠けたから、五体満足でそんな仕事しかないのだ。死んでも受け取るもんかい。もっとも中には夢を抱いて苦労しているものも居るだろう。

 今日は、カエルの着ぐるみのティッシュ配りがいた。ああ、こいつは苦労しているなと思い手を伸ばしたら、視界が悪かったのか無視された。いーもんね、いらんもんね! 

 では今日も熱烈に徳間文庫にかかり、合間にサンスポの告白を読む。夜の飲み会のために!
スポンサーサイト

いざや~愉しき~まどいせん~~~

 昨夕銀座のギャラリー3人展。どれも綺麗な絵。
でも、確かに上手くて綺麗だけど官能が少ない。3人中1人は全て官能だったから良いが、他の二人は風景などが大半。
 絵描きとして、こんな綺麗な絵も描けるんだというアピールは分かるが、どうにも官能は余技、という風に見えてしまったので少し寂しい。

 全てのジャンルに言えるけど、官能デビューしたなら一生官能に命をかけてもらいたいなあ。官能講座でも言ったけど、官能を踏み台にしようなんてえ奴あ全力で潰します。

 で、飲み会はイラストレータ作家編集たち12人。楽しく飲み食い。
そして銀座シャルマン、おねえちゃまとY嬢さん、ここのところ頻繁に会ってます。それから霧原氏に問小堤氏の5人で歌う。
 ラストナンバーは「遠き山に日は落ちて」ドヴォルザーク。

 今日は暑いね。久々のお天気でお洗濯。
さて今夜は新宿。それを楽しみにひたすら夕方まで熱烈に徳間文庫!

銀~座は~恋のプロムナード~

 上野は花の~アベック~ムード わかるかなあ、灰田勝彦。

 昨夜は、山ほど送られてきたサンスポの告白大賞用の原稿を死ぬほど読む。まだ今日も送られてくるようだ。5点満点で採点するが、ほとんど大マケで2か3。1編だけ4をつけた。

 手書き原稿が圧倒的に多い。読まれることを想定していないのか、ちゃんと行書になってない殴り書き。膣口と書いて、丁寧に全て小さなルビでオマ×コと振ってあるのもある。
 本当は0点ばかりなのだが、書いて送ってきた努力に対して2ぐらいあげている。
 告白はいくら私的なものとはいえ、読んでもらおうという工夫ぐらい出来てないとダメ。

 さて、雨で涼しいね。夕方には上がるだろう。
今夕は、アートギャラリー銀座。それを楽しみに、ひたすら徳間文庫。

小糠雨降る御堂筋~


 話題が無いときは写真でごまかす。これは11年前。

キャンディ展が終わってしまい、急に店内が殺風景になって寂しい。
これからコーヒー飲んで仕事開始。ひたすら徳間文庫の大正元年。夜は飲み会もないので、寝るまで仕事のみ。

キャンディ展、終了!!




 写真は、マイミク山猫、マスミちゃんとあやさん、そして片づけを終え、がらんとなった睦月堂。

この8日間、来て頂いた方々、どうも有難うございました。
今日は、マスミちゃんやあやさんと月波さん、kyokoさんも来て頂きました。何しろわしは用事で慌ただしく、ろくにお話も出来ず、お構いもせずに申し訳ありませんでした。

 実に楽しい日々でした。キャンディさん、うさ夜さん、どうも有難う。本当にお疲れ様でした。
明日から、色とりどりの色彩が無くて寂しくなりそうです。

侘しき思ひに一人悩む~


 さて、キャンディキャンディ展、今日が最終日です。
あっという間の8日間でしたなあ。

 昨日は、月兎耳さんが来てくれ、夕方一緒に新宿まで行く。そこでお別れして、わしは荻窪の汐見オフへ。
 おねえちゃまやY嬢さん、多くの知り合い、総勢25人ほどだろうか。ぐらんぴさんのガーターベルト講義を聴く。なるほどと頷くこと多し。

 二次会は、おねえちゃまと新宿いれーぬ。ぐらんぴさんと小夏さんも来てお喋り。12時半には腰を上げ、2時前に帰宅、バタンキューでした。
 今日もとにかく熱烈に仕事、夜の飲み会のために。

キャンディキャンディ展、今日明日まで




「キャンディキャンディ展」
藤沢、江ノ電石上駅前、喫茶「睦月堂」13~17時。明日で終わりです。

 昨日はマイミクぱんさんと、あやのちゃんが来てくれた。
そうか立原あゆみは男だったのか。何も知らんかった。麦ちゃんのヰタ・セクスアリスとか、わしは何で読んでいたのだろう。投稿していた小説ジュニアだったかなあ。女の線は読みにくいなあなんて思っていた。

 さて、今日は館さんの汐見オフ。出かける4時半まで熱烈に仕事しよう。
猫猫先生ブログ、面白すぎる。この世で一番の快楽は差別なのかもなあ。
 ゲゲゲがようやく終わるか、ああ良かった。これで見なくて済む。この嫌な主役の名は一生覚えるものか。他の、マンガ家や編集やアシやら、有名人のモデルが山ほどいるんだから、もっと本人に似た人はいなかったのかなあ。みんな違和感があったろうに、よく平気で見ていたものだ。まあ、長身の嫁だけは良かったから、百点満点中1点だけやろう。

 昨日水木先生がNHKに出ていた。土産の大福が伸びなくて困ってたぞ。先生はくわえた大福をみょーんと伸ばして寄り目にするのが好きなのだから、伸びる大福を買ってこんかい。

僕らはみんな飢えている~

 飢えているからやりたいんだ~るんるん

昨日は雨のせいもあり、本当のミニオフになったなあ。来てくれたのはY嬢さんだけ。キャンディさんと、うさ夜さんと4人で居酒屋。
それからカラオケ。
「裸足のフローネ」で即興の替え歌。(下品注意)
潮吹きを顔に受け、裸で悶える~、皮向けば白い汁、私のザーメン~
ほら、飲んでごらん~(以下自粛)

 さて、昨日は問小完成。今日から徳間文庫に専念。完成は、一番遅くて10月8日で良かろう。今日は久々に飲み会無し。寝るまで仕事しよう。涼しくていい。

パイルダー、オフ!

 昨日は、睦月堂キャンディ展にマイミクめめちゃんが来てくれ、あとからみーやちゃんも来る。平日でも盛況でした。
 では本日ミニオフ。
マイミクで集って居酒屋で夕食しましょう。閉店の5時までにでもお越し願えればいいです。展示物をじっくり見るには4時半頃来るのが良いと思います。

 さて、問題小説あと僅かで完成。引き続き徳間文庫の構想も、徐々にまとまりつつある。大正元年なので、短編「少年」を書いたばかりの谷崎に登場願おうか。

 この「少年」。新潮文庫の赤い表紙、「刺青・秘密」に収録されていたが、高校時代、少し立ち読みしたら勃起して治まらず、前屈みでレジに行った覚えがある。実に影響を受けたなあ。

 昨夜テレビで、女性が浮気すると膣内の形状が変化して分かる、というのを言っていたが、それを思うと、また発作で眠れなくなったのでした。

私のココロをクルクル回す~

 ハローグッバイは柏原版ではなく、その前のアグネス版ですね、わしは。
なぜこの歌かは、今日の日記のどこかにバイの字が出てくるから。

 さて、睦月堂キャンディ展も中盤。毎日色々な方が来てくれてます。
今日もひたすら問題小説50枚続行。これから少し買い物、銀行と本屋とデパ地下など。
 昨夜、お京さんとY氏と飲み、倍阿愚羅の話で盛り上がり、腹がよじれるほど笑う。
 昨夜は咳のハッサクが起きず、夜中に目覚めることもなかった。ネオシーダが切れたので買わねば。

 昨夜Y氏に渡そうと思っていた二見文庫ゲラ、渡し忘れたあ。こういうのは実に残念。これから宅急便。
 考えてみたらもう9月下旬ではないか。今月にもう1冊書かなきゃならないのだ。まあ10月頭までに仕上げればいいか。

 また当分仕事以外話題ナシ。今日も熱烈に。夜の飲み会のために!

守る~アジヤに栄えあれ~

 昨日は、実に多くの人が睦月堂キャンディ展に来訪。
午前中に月ちゃんが来て、昼過ぎにヴェロニカさん、夕刻には尻臼ちゃんに元従業員の桜子嬢、他に三和出版や長田一美さんも。

 そしてキャンディさんと、うさ夜さんと三人で夕食、ソウルゲートで夕陽を見ながら生ビールとマッコリ。肉肉。
さらに三人でカラオケ2時間半。キャンディさんとは軍歌三昧、あとは懐メロや替え歌など。

 キャンディさんはわしの軍歌会に来ていた頃から選曲が良いし、カラオケの出鱈目なルビも無視して正確に歌うから嬉しい。
うさ夜さんの伊勢佐木町ブルースやシャンソンの数々が艶めかしくて眠れなくなる。

 さて、今日は特選小説残り8枚をサクッと仕上げ、徳間文庫にかかりたいところだが、すぐには構想が浮かばないだろうから、先に問題小説にかかろう。その前に朝風呂。

 今夕は、お京さんと二見Y氏が睦月堂に来て、それから飲み会。
それを楽しみに、今日もひたすら熱烈に!

そ~れ~ぞれの秋~

 小林桂樹と言えば、裸の大将か東条英機。
三船敏郎の新選組では、この世で最も似合わなかったトシさんを演った。
でもわしは、ドラマ「それぞれの秋」、わしが高校時代だったから、昭和48年頃か。山田太一で、小林の奥さんが久我美子、息子が林隆三に小倉一郎。

 この林隆三が、威張りまくって弟を苛めまくるけど、あるとき林が寝ているところを小倉が見る。そうすると彼はうなされて「ごめんなさあい、もうしません」とかうわ言を言っているのだ。

 そして小林が、脳こうそくかなんかで入院し、うわごとで、奥さんなんか嫌いだ、若い女の方がいい、とか言いはじめる。病気が言わせているらしいが、家族はショックを受ける。

 小林が、「若者のように、青いジーパンで、街を歩きたいなあ」と泣きながらうわごとを言う。
 すっかり全快し、うわごとの記憶もない小林の退院祝いに、林が青いジーパンをプレゼント。「な、なぜこれを。わしはずっと穿きたいと思っていたのだが」
 そこでまあ、家族の絆だのなんだのが色々ある。

 で、小倉一郎が、スケバンの桃井かおりに捕まって、無言で延々とビンタされるところに大勃起。
 なんてことを思い出しました。こんなドラマ、覚えている人いるかなあ。

 さて、キャンディ展の二日目。
わしは特選小説を仕上げ、早く徳間文庫の構想をまとめねば。昨夜も咳の発作であまり眠れず。では皆さま、今日も元気に過ごしましょう。

キャンディキャンディ展




 睦月堂の店内が、カラフルな色彩に溢れてます。
今日から一週間、睦月堂でキャンディキャンディ展を開催してます。
遊びに来て下さいね。
 藤沢駅から江ノ電で一駅目、石上駅前、喫茶「睦月堂」。午前11時から夕方5時までです。
 キャンディミルキイさんも常駐してます。
 キャンディキャンディの全てが、ここに揃いました。マイミクで、夕食ご一緒できる方は23日にご検討を。

団鬼六賞選考会

 新宿の料亭で選考会。西口からいくら歩いても着かない。団先生に久々に会うからちゃんとした格好なので、なおさら暑い。遅れちゃ失礼だと最大の早足。
 無双舎のM氏が迎えに来てくれた。何でも、彼の前をわしがすごいスピードで横切って歩いて行き、とても追い付けないので、諦めて引き返すのを待ってたと。すいません。

 選考委員は、わしと団先生と高橋源一郎氏と重松清氏、あとは団先生のお嬢さんとM氏と中原氏。そしてカメラマン。
 最終選考4編の選評。見事に全員一致で大賞と優秀賞が決まり、もめなくて良かった。4編中3編が女性。大賞と優秀賞は女性。

 済んでから会食、ビールと焼酎と料理いろいろ。団先生とお嬢さんと高橋氏が先に帰ったが、料理は人数分なので、余った分をいかに確保するかということに専念したわしは卑しい男です、はい。

 帰りは大人しく湘南新宿ラインで11時に帰宅。すると明日からのキャンディ展の準備で昼から来ていたキャンディさんがまだいた。

 明日からのキャンディ展、また明日細かに告知しますね。
もしマイミクさんたちで集って来て下さり、夕食に繰り出すなら、23日しか空いてません。済みません。ご検討を。

思へば遠く来しものぞ~渡る風さえ母の声~

 未練ぢゃないが古里へ~夢や今宵は通ふらん~ムード

東海林太郎の歌で目覚めた。今日は暑いね。
昨夜は週刊現代と打ち合わせ。週現の連載は、年内いっぱいと決定。そして休みなく、続けて新連載の話が。どうやら「新・平成好色一代男」となるようだ。
 うーん、期待ばかりさせて待たせている、わち君に済まない。わしの脱毛症も治らない。

 読者のファンレターをいっぱいもらった。老人ホームの80代の人が年間購読を決め、わしの連載以外は読んでないという。何て勿体ない。しかも貴重なお金だろうに。
 60代の女性を出してくれというお手紙もあった。連載を読んで、久々に妻と致したという64歳の人もいた。みんな、主人公の性技を試そうと思うのだろうか。

 そして昨夜、3年ぐらいぶりに某女優と再会。奇しくも、今週号の週現連載のヒロインに、彼女の名を使っていたのだった。
彼女と、喜悦師さんやおねえちゃま、永田先生と熱川で混浴して見た月を思ひ出す。

 さて、今夜は団鬼六賞の選考会で新宿に行く。どんな結果になるかなあ。それまで熱烈に仕事。体調は徐々に回復。

夜の新宿~裏通り~

 昨日は急いで出かけて、傘を持たずに出てしまったが、結局使うことはなく良かった。
体調思わしくなく、居合は気合で乗り切る。刀差しているときは大丈夫なのだけど、終わったあとはヘロヘロ。夜は馬場ではなく地下鉄で新宿3丁目に出て居酒屋。総勢10人。

 そしてカラオケを省いて2丁目いれーぬ。色々話し、もっと遅くまで居たかったが11時過ぎには腰を上げる。タクシーの中で咳のハッサク。帰宅してバタンキュー。

 ではこれから医者に行ってきまあす。でも、もう寝ていられないから仕事開始しないと。今夜は週現と飲み会。

今ラーメン冷まし中

 すぐ食べると熱いので冷ましてます。
それにしても、わしは卵の割り方が下手だ。東京時代は片手で割れたのに、今はぐちゃぐちゃになる。
テレビで料理家が、割るときは角じゃなく平らなところが良いというので、キッチンの平らな所に叩くがグチャグチャ。
 さて、そろそろ冷めたかな。サッポロ1番しお。

窓打つ嵐に夢も破れ~

 秋だねえ。明け方の薄寒さに物の哀れを覚えるねえ。

どうして西瓜は真ん中が甘いのに、梨は外側が甘いのだろうね。
どうして待ち焦がれていたのに、いざ秋になると寂しいのだろうね。

 月火水と3日間ずっと寝ずっぱりでした。いくらでも眠れた。
今日は居合だから、そうも言っていられない。お目にかかれる方よろしく。

 新作構想はまとまらない。先に鬼六賞の応募作品を読もう。

子猫~の兄妹が~陽だまりで~


 昨日は睦月読本のためのコピー三昧。
双葉社の連載で、ずいぶん4コマを描いていたんだなあ。

今日は涼しいね。やっと例年どおりか。
大正官能の構想を練らねば。他に話題ナシ。寝てばかりいないで、そろそろ本気で仕事しないと。夜の飲み会のために! 

雲と一緒にあの山越えて~~~

 ゆけば街道は日本晴れ~
今夕の富士の夕陽も雲に隠されてしまったあ。

今日は午前中から、手伝いの美女が睦月読本のため、ひたすらコピーを取ってくれる。そして一緒に外出して昼食を外で。昼間から生ビールを飲む。
 解散して帰宅したら、がーっと今まで眠ってしまった。まだまだ本調子ではない。とにかく、大正官能の構想を練らねば。

雲が流れる~北国の街へ~


 今夕の富士。うーん、雲さえなければ頂上に夕日だったかも。

今日は一日中寝てしまったなあ。まあ、たまにはいいか。本調子じゃないのに忙しかったから、疲れていたのだなあ。

 寝ながらふと思った。外国人の名前を芸名やペンネームにした人。
谷啓、益田喜頓、江戸川乱歩、他にいたかなあ。
確か江守徹はモリエールだよなあ。
 有名人の名をそのまま使う、というのは、根津甚八ぐらいか。

 なんてことを、取り留めもなく考えていた。何もならないけど。
さて、一日寝たから今夜も夜更かしかな。構想を練らないと。

キャベツ畑で~生まれた子供~

 知ってるかなあ。わしこのレコード買っちゃったんだよね。あせあせ(飛び散る汗)

昨夜はキャンディさんがトラックで来て、19日から睦月堂で始まるキャンディキャンディ展の荷物を運び込んだ。来週月曜から1週間なので、皆さん見に来てね。

 昨日は、竹文庫の残りを仕上げ、週刊現代と東スポを終え、何もかも一段落。そうしたら興奮して眠れなくなってしまった。
夜中に起きていると、高校から浪人にかけて深夜DJを聴いていた頃を思い出し、ほのぼのしてマイミクに足跡をつけたり皆の幸せを祈ったりする。

 そう、あの元マイミクは元気かなあと行ってみると、アク禁になっていた。信じられない。わしが何をしたのか教えてもらいたい。どうしてこんな失礼なことが出来るかなあ。
 わしみたいな優しい良い人間を嫌うと、必ずバチが当たるよ。

 さて、明け方にようやく眠れ、さっき起床。
半日ぐらい休んでもバチは当たるまい。今日は睦月本の準備と、徳間新作の構想を練ろうか。
 これで、今月の仕事は、毎週の連載2本と短編2本と文庫1冊だけ、って、死ぬぞお。。。

ユーラリユーラリユーラララ~

 ぬるい朝風呂に入った。
うちの風呂は、湯が溜まると「お風呂が湧きましたあ」と大きなアナウンスが流れる。ボリュームの調整は出来ない。風呂の窓は網戸だから、近所にも聞こえる。
 隣の爺さんは庭いじりをしながら、「うん、風呂か」と思うだろうし、裏の若奥さんは、「朝から風呂だってさ。誰か女性でも泊まったのかねえ」なんて思うかもしれない。

 ゆっくり浸かっていると、ピアノの音色が聞こえてきた。
むかし実家の向かいに住んでいたお嬢さんは、ピアノが巧くいかないと、キレてものすごい勢いで猫踏んじゃったを叩いていた。今日は上手いなと思うとつっかえて、また猫踏んじゃった。もう嫁いだろうなあ。どうしているかなあ。

 昨夜は二見文庫のゲラチェック。13年前の復刊だ。高1の主人公とヒロインを、だいぶ年齢を調整しないとならん。でも今のと違う雰囲気で面白かった。
なんたって主人公の少年が魔女にやられそうになると、光り輝く巫女の仁枝由良子が見参し、「ゆらゆらとふるべ」と呪文を唱えるのだ。

 いやあ、こんなすげえ話を書いていたのだなあと思ったが、当時のマドンナメイトのタイトルが「放課後童貞ナマ検査」だから、まさか霊能力合戦の内容とは誰も思わないよなあ。

 昨日は竹文庫仕上がらなかった。今日は週刊現代と東スポと竹の余りを仕上げよう。夕方、キャンディさんが来る。

ああ~青春に涙あり、涙あり~

 二度と帰らぬ若き日よ~惜しみて友よ~いざ来たれ~るんるん

という、谷啓が歌った「天下の学園」、知ってる人は一人もいるまいなあ。
しいて言えば、同世代のぴーせんさんか、談之助師匠ぐらいかなあ。
この歌の頃だ。きつねしっぽくあんかけ山かけ~ほんがらほんがらほんがらほんがら、ほんがらまーんがらホイホイホイ。この歌も、何の歌か記憶にない。
小学校3年か4年だ。当時一緒に歌ったゴリや小川君に会って言っても、おそらく忘れているだろうなあ。

 谷啓は、映画「奇想天外」だね。ストリップシーンに燃えた5年生だったか。
おーらーグズラだドヒヒヒヒ~というのもあったね。
あんた誰、は7時半だよクレージーで覚えたか。小指ちゃんというのもあった。
あ、「図々しい奴」の映画版だ。佐久間良子が豊満で、何とも清らかだった。テレビ版は丸井太郎か、でも主題歌は谷啓のままだった。

 ああ、「大冒険」では町の発明家だっけ。天然色複写機を発明して、偽札を作るって、現在のカラーコピーだね。ヒットラーは出てくるし、特撮は円谷だったなあ。

 ご冥福をお祈りします。さて、では夜の仕事にかかろう。

「奇想天外」主題歌、「虹を渡ってきた男」
http://www.youtube.com/watch?v=TDpUJC4xYbc
ああ、虹の彼方へ行ってしまったか。。。

あの時あそこであの人と~歌ったあの歌思い出す~

 若い日の思い出に~オオオ~サントリービールるんるん知ってる人いるかなあ。

 さて、夏に戻ったようですなあ。今日も一歩も外出せず仕事のみ。
来週から、一段落したらやりたいこと。
・古着をまとめて束ねて資源ゴミに出す。
・溜まっている読書と鬼六賞の原稿を読む。
・睦月読本の準備をする。
・突発オフで東京タワーへ行く。
・高校時代の夢日記をイラスト付きでまとめたい。
 
 風邪薬で眠い。とにかく竹文庫残り40枚、今日中にやっつけよう。

胃液吐くまで~~~胃液吐くまで~~~

 あなたのおいなりさんが~五臓六腑にしみわたる~ムード

 この歌を歌っていた頃のあの人は好きだったのだが。
さて、今夜の仕事終わり。竹文庫もようやく明日完成しよう。
ゲラも山積み、昨夜は祥伝社文庫、今日は無双舎、明日は二見のゲラがあるぞ。

 夕方曇ってばかりで、もう富士の頂上に沈む夕日が通り過ぎたようだ。この秋も残念。また来春のチャンスを待とう。
テレプシコーラの最終回も、なんか納得いかんなあ。空美ちゃんはどうなったのだ。

 では薬飲んで寝ます。

くりくり三角小さなドロップ

 懐かCM。
さて、今日も明日も熱烈に竹文庫。今日もそんなに暑くないね。
これから買い物と本屋と銀行。

 某さんの日記。「誰かの腰巾着みたいな」は余計ですね。彼女は誰かの腰巾着になるほど小者じゃないです。むしろわしが腰巾着ですので。もちろん言動は全て覚えているので、個人の日記とはいえ公開している以上、全ての関係者がチェックしているので、やっぱり気をつけた方がいいですね。

 さて、では少し出かけてきまあす。

電線に雀が三羽とまってた~


 チュチュンが中
昨日は豪雨の中上京。飯田橋から神楽坂の雀荘までが大変なことに。
ずぶ濡れで雀荘にたどり着き、3時からすぐさまゲーム開始。出だしは快調快調。

 そして6時に、もう1卓組が到着。竹書房A氏、締め切りを月曜まで延ばしてくれた。うわあ良かった。だが安心したら負け始めたぞ。
結果はボロ負け。7時間半、半荘7回の激闘でした。
 2次会で、おねえちゃまやたっちん、ユミコン愚さんたちと飲む。

 さて、今日から当分飲み会は無し。ひたすら竹文庫を進めよう。体調は一進一退。

私は忘れない~空に約束したから~

 久々の雨で涼しいね。
体調も、ほぼ7割方回復。午前中に竹文庫5章まで仕上げよう。
そして午後3時からは、F社恒例の麻雀大会だぞお! 負っけるもんかあ! 7時間はぶっ通しの勝負になろう。麻雀しながらの鉄火巻きを楽しみに、とにかく気力充実してまずは仕事! 

 それにしても猫猫先生、図書館で露助の合いの子らしいガキに注意するのは良いね。ロシアではなく、ちゃんとロシヤと言ってるのがいいね。でも多くの人が見ているブログなんだから、校閲は名乗り出ないといかんね。

 明後日締め切りの竹文庫、大丈夫だろうか。木金で百枚あるぞ。まったく、11日以降なら楽になるのに、一番大変な時に体調を崩す。風邪なんか何年も引かなかったのになあ。

つぶつぶの~しょっぱい汗が~

 医者に行ってきた。いっぱい薬貰った。眠くなるのが困る。
いま美人母娘がお掃除中。お昼のお弁当も食べた。茄子の肉詰め大好き。
今夜は飲み会もないので、ひたすら寝るまで眠気と不調と戦いながら仕事のみ。
プロフィール

かげろう102

Author:かげろう102
官能作家、睦月影郎のブログ2です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR