FC2ブログ

どうでもいいこだわり

 いやあ、今日は半日何も浮かばず、もうわしは枯れてしまって、物書きじゃなくなったんじゃないかと思ったが、夕方から猛烈に仕事開始できて安心。
22枚、つまり3節まで書いた。明日残り4節28枚、夕方の上京時には完成するだろう。

 雑誌原稿は、20×20で書くが、やがて文庫になるので、文庫の字数用のレイアウトも同時に考えながら書く。例えば文庫の場合、1行書いて、次が数文字で終え、また一行書いて次が数文字だと、一行置きのスカスカのレイアウトになるから、改行を詰めたりしながら、雑誌に書きながら文庫の字数を計算して書き進める。

 もう一つのこだわりは、行末に句点が来ると勿体ないので、何字か加えて次の行にまで跨がせ、あるいは行頭が「た。」で終わると、これまた勿体ないので何字か加える。

 その時、わしが調整するのは主人公の名前。
例えば、隆志という主人公なら、「彼は」「隆志は」と、書き分ければ1字分違ってくる。だからわしの主人公に「隆」という一文字の名はつけない。
 女性も「彼女は」「由紀子は」という風に、3文字が多いのも同じ理由。

文庫を開いた時の文字レイアウト、スカスカすぎず詰めすぎず、何となく綺麗で見やすい感じにしたい。だから20×20の雑誌原稿でも、文庫の字数を意識してしまうのだ。
 ゲラチェックでやれば良いと思うだろうけど、わしゲラはあんまり見ないんです。 
という、実にどうでも良いこだわりでした。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

かげろう102

Author:かげろう102
官能作家、睦月影郎のブログ2です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR