FC2ブログ

マンガが描きたい



 石森章太郎の龍神沼を読んだら、マンガが描きたくなったなあ。もっとも、これを読むと小学生の頃から同じ気持ちになった。
 写真左は、当時のマンガ少年の宝物。右は、小学生のころから使っている羽ぼうき。なぜ二つあるかと言うと、一つは親父が会社で製図していたときのものを貰った。
 昭和42年ころ、横須賀市富士見町の、婆さんがやってる小さな文具屋ではスクリーントーンなんて売ってないし、中央の大きな文具屋に行っても店員がそれを知らなかったなあ。「スクリントンて何ですか」と言われたっけなあ。
 来年、時間が取れたらまたマンガ描こう。ケンペじゃなく、あのころ描きたかった青春ほろ酔いほのぼの失恋アクションSFホラーを、スクリントンを使わずに。
出来れば模造紙をカミソリで切って、針で穴を開けて原稿用紙を作りたいが。
 
 さて、今日も熱烈に仕事。夜は親父と叔父(母の上の妹の旦那、元校長)と飲み会。それまでに祥伝社文庫2章に突入しよう。
今日も涼しくて良い。このまま夏が終わるといいねえ。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

かげろう102

Author:かげろう102
官能作家、睦月影郎のブログ2です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR