FC2ブログ

東へ西へ

昨日、まず午前中鎌倉八幡宮にお参り。奉納居合を見て、親友野末に会う(わしの高校の自伝「Gのカンバス」(集英社刊)参照)。わしは、古武道協会の人たちに自己紹介する時、やはり「夢想神伝流の奈良谷です」と言ってしまう。三浦誠衛流と言うと、「なにそれ」と言われそうだから。

帰り江ノ電、観光のおばさんたちが車内で声高に話している。
「ここが七里ガ浜ね。昔、子供たちが死んだところよ。歌があるでしょう」
「誰の歌?」
「誰ってんじゃないけど、ほら、しーちりーがーはーまーのー、って」
うう、違うぞ。わしは文庫を読みながらウズウズ。それは唱歌鎌倉で、ボート遭難は「真白き富士の根」じゃい。
「ほら、江ノ島が見える。三大弁天てあと二つどこだっけ」
「京都か東北じゃない」
違うぞ、うう、教えたい教えたい。。。
「次はコシゴシね」
うう、腰越はこしごえと読むのだ。まあ地名の読みの間違いは仕方あるまい。
おばさんたちは江ノ島駅で降りて行きました。

昼に帰宅して、仕事して礼服来て、今度は伊東へ。南里征典氏の通夜。
グリーン車で藍川京さんと合流し、熱海乗り換えで伊東へ。雪が心配だったが大丈夫だった。伊東駅で、染宮氏や丸茂ジュンさんと会い、セレモニーホールへ。現地では、イラストの星さんやみよじさん、編集の面々とも会う。
わしは、何か忘れ物をしたと思ったら、ベルトを締めていなかった。
トイレに入るまで気づかなかったのだ。普段は穿かないズボンだから、ベルトを通すのを忘れたのだ。焼香の時ズボンが落ちたらどうしようと気が気でない。
そして食事をして、皆と南里さんの思い出話。本当はみんなで伊東温泉に泊まりたかったが、みんな月曜は仕事だから仕方なく一緒に帰る。

さて今日は飲み会もないので、就寝時まで熱烈に仕事。でもその前に市民病院、月一回の呼吸器科へ行って美人女医に会おう。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

かげろう102

Author:かげろう102
官能作家、睦月影郎のブログ2です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR