FC2ブログ

月の~綺麗な~伊豆の宿~~

 踊り子と言えば、ひばりじゃなく小百合でもなく内藤洋子でも、もちろん百恵なんかじゃなく、やっぱり栗田ひろみですなあ。

 でも、伊豆の踊り子を読んで高校時代に伊豆の一人旅をしたが、当時はデジカメもインスタントカメラもないからなあ、写真が一枚も残ってない。。。

 わしが高校一年だったか、新聞記事で、ある小学生が鎌倉で財布を拾った。届け出ると、持ち主が川端康成だった。中身は5万円余り。

 昭和46、7年頃に、財布に5万円というのは、ノーベル賞作家というのはすごいんだなあと思った。そして、この少年は5千円ももらえるのかあ、と、当時月の小遣い5百円のわしは思ったものだった。
 川端先生は、この少年にお礼を渡し、本をあげるから家へ遊びにおいで、と言った。しかし少年が行く前に逗子マリーナで死んでしまったのだった。

 さて、祥伝社文庫も順調に5章に突入。8月も終わりだね。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

かげろう102

Author:かげろう102
官能作家、睦月影郎のブログ2です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR