FC2ブログ

さっきの手紙のご用事なあに

 東京タワーで思い出した。エイトマンと007号(ぜろぜろななごう、と読む)の、アンテナのてっぺんでの戦いを。落下した007号は、土にめり込みましたなあ。もちろん当時でも、タワー周辺は土じゃありません。

 児玉清。わしは高校時代、似ていると言われたのだ。あまりに多くの映画やドラマに出たので、どれというのがない。家康もやったね。最後に見たのが竜馬の父親か。

「想い出づくり」という30年前のドラマ、覚えているかなあ。三人の娘、森昌子、古手川祐子、田中裕子が主人公で、その古手川の父親役だった(ちなみに森昌子の父は前田武彦、田中裕子の父は佐藤慶だった)。佐藤慶に、このエセインテリが、と言われて、「何だとこの野郎」という短気な役だった。
 娘を狙う柴田恭平にナイフを突き付けて、娘に付きまとうなと言うシーンがあったなあ。柴田がびびって納得すると、「か、簡単なもんだ、チンピラを諦めさせるのは」なんて震えながら言う演技が良かった。

 ちなみに、OLの田中裕子が、上司の湯呑みに唾を吐きかけてからお茶を入れるシーンがあった。どういうご褒美かね。喜ぶだけじゃないか。嫌いな上司なら、虫の体液とかの方が良いだろうに。

 アタック25も、とにかく無神経で非常識なバカが嫌い、と言う、いかにも山羊座らしい司会ぶりでした(そこで今日のタイトル)。

 さて、廣済堂文庫、さやか9も順調に開始。九冊目なので、タイトルは「九重化粧」。今日も熱烈に、夜の飲み会のために。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

かげろう102

Author:かげろう102
官能作家、睦月影郎のブログ2です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR