FC2ブログ

闇を引き裂く妖しい悲鳴~



 写真は、秋吉巒氏の挿絵で発表したわしの作品。デビュー時の筆名は、大太法師でした。これはSMコレクター、昭和56年の5,6月号、わしが25歳の時でした。

 大太法師は、「ダイダラボッチ」でも「だいだぼうし」でも、どう読まれても良かったものです。柳田国男に夢中だった大学時代に同人誌でつけた名前。

 内容は、「かわたれの里」が、古事記の霞杜夫を元に、夢精の世界を旅する少年の話。
「御伽婢子(おとぎぼうこ)」は、怖い従軍看護婦の婦長を妻にした兵隊さんが、老人になってもフェチ地獄から抜けられず若い女中にあれこれさせると言う、よくもまあ25歳で書いたなあと言う話。

 秋吉巒展。明日までなので、今日は風俗資料館へ行きます。
http://pl-fs.kir.jp/pc/info/tenji/akiyoshi.htm
もちろん上記のSMコレクターも閲覧できます。

 さて、では出かける時間までひたすら熱烈に仕事。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

かげろう102

Author:かげろう102
官能作家、睦月影郎のブログ2です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR