FC2ブログ

ひと日ふた日は晴れたれど三日四日五日は雨に風

 これは「波蘭懐古」の一節。波蘭(ポーランド)は大変ですなあ。

いろんな夢を見ていた。顔も知らぬ恋人が死んでしまった夢を見たという話を、泊まりに来た見知らぬ美女に話している夢だった。その美女が帰った後、わしは彼女が置いて行ったローターを嗅いでいたのだった。夢のない夢だなあ。
 でもそのあと、彼女のブログを読んでいるうち、折り紙で出来たワンダーランドに入りこんでしまったのだった。

 さらに、早起きするつもりが午前11時に目覚め、慌てて仕事する夢。本当に覚めて時計を見ると8時前で安心した。

 井上ひさしと言えば、浪人時代に読んだ「ブラウン監獄の四季」だったか、残業したとき女性職員のロッカーを開け、作業着の匂いを嗅いで抜いたという話に感動し、よくこんな恥ずかしいことを活字に出来るなあと感心した。
 その後、わしはもっと恥ずかしい数々を書くことになるのだが。

さて、今日は連載3本にかかる。夜の飲み会のために。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

かげろう102

Author:かげろう102
官能作家、睦月影郎のブログ2です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR