FC2ブログ

この数日

 市民病院の主治医から、いよいよ母が危ないと連絡されたのが一昨日。とにかく会える人には会わせろと言われたので、親戚たちに順々に来てもらい、その合間に仕事。

 父は用意周到な人間だから、葬儀に備えて床屋へ行き、わしは近所の斎場へ生前相談に行き、父と遺影まで決めて今日も病院へ。でも案外しっかりしているではないか。

 ただ言葉も言えず、朦朧としているので、薄目の母と目を見つめ合って手を握っているだけ。わしが生まれた場所への接吻は、とてもできる状況ではない。

 とにかく今日も疲れているが、これから仕事。刊行月だけは絶対に落とせない。怒涛のように母の思い出が押し寄せるが、今は官能の仕事に専念。病院からの運命の電話が、今夜か明日か、数日後か、それは誰にも分かりません。
 なかなか日記が書けなくて済みませんでした。多くの方にご心配いただき、厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

かげろう102

Author:かげろう102
官能作家、睦月影郎のブログ2です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR